武漢経済圏とは?

HOME>武漢経済圏とは?

武漢経済圏とは?

武漢経済圏とは中国湖北省武漢市を中心とした周辺都市から構成する経済圏を指しています。

武漢市内はサービス産業の発展が著しく、近年では、日系企業として、イオンモール、ローソン、セブンイレブンなどの小売、サービス業が進出しています。

一方、武漢市周辺都市は、武漢市内に比べ、土地価格、レンタル工場家賃などがまだ安価であり、日系の製造業の進出が相次いでいます。
世界の完成車メーカー5社が武漢に進出しており、進出日系製造業も自動車関連企業が多いです。

武漢経済圏の位置関係

そもそも武漢市ってどこにあるの?

武漢市は北京・上海・広州・成都など中国主要都市の中央に位置しています。 九州(省)に通じる交通の要所」と呼ばれています。現在では中国経済圏の中心に位置し、中国ビジネスの中心拠点として多くの企業から注目され、今後も高い成長が期待されています。

中国武漢市の地図

 日本からのアクセス
武漢天河空港へは、直行便が東京国際空港(成田)、関西国際空港、中部国際空港からあります。
また、福岡空港からは上海経由直行便があります。他の地域からは、上海乗換えが便利です。

湖北省と武漢市

武漢経済圏への進出のご相談はこちら

■電話でお問い合わせをする

ナビダイヤル0570-0484-12

■メールでお問い合わせをする

Webからのお問い合わせはこちらから

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このページの先頭へ